2020.10.01

知っているともっと楽しい、茶屋建築のいろは。

知っているともっと楽しい、茶屋建築のいろは。

物語の詰まった、歴史的建造物。

東山ひがし地区は、文政 3 年(1820)に公許され形成されました。その当時の風情を残す美しい街並みが特徴で、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)にも登録されています。茶屋は、街路に面して1階に出格子を構え、2階を高くして座敷を設けた構造が特徴です。地区の面積は約1.8haで、地区内には平成30年の時点で144棟の建物があります。そのうち94棟が伝統的建造物とされています。茶屋街として重伝建に登録されているのは、全国で4エリアしかなく、そのうち二つが、ひがし茶屋街と主計町となっています。そういう意味で、浅野川界隈は、全国でも屈指の茶屋建築のメッカと言えそうです。今回は、金沢市指定保存建造物でもある「金澤しつらえ(旧諸江屋)」をご紹介しながら、茶屋建築の魅力について、ご紹介します。
 

出格子(木虫籠)

多くの茶屋街は、出格子(道側にせり出した格子)を備えており、これが茶屋街の特徴的な風景をつくっています。その出格子にもいくつかの種類があり、最も古いものが木虫籠(きむすこ)と呼ばれるものです。これは、ひがし茶屋街の代表的な様式です。これは、その名の通り虫籠のような細い格子です。格子は台形になっており、内側にすぼんでいます。これらの特徴を備えることで、外からは中が見えず中からは外が見える、今でいうマジックミラーのような効果を生み出しています。

弁柄塗り

弁柄、又は紅殻と表記されることもあります。インドのベンガル地方から伝わったため、この名がついたといわれています。天然の土からとれる顔料で、酸化鉄を含むことから赤い色合いを持っています。古代アルタミラの壁画にも使われていたとされ、人類最古の絵の具と言ってもよいかもしれません。人体に無害で、紫外線による退色もなく、また防虫防腐作用もあることから、建物の外壁を守る素材としても重宝されてきました。なにより、その艶やかな色彩は、茶屋街を訪れる人を魅了します。

 

大戸
茶屋には、大戸がつけられていたケースが多いようです。日中はくぐり戸から出入りし、夜にはとあけ放ち、暖簾をかけ、屋号の入った四角い行灯ををつけて、来訪客を中に誘ったようです。

雨戸
雨戸は、現在では、上部にガラスを入れた「高窓雨戸」が主流となっています。雨戸を収納する戸袋や、転落防止の手すりが備わっています。かつて、雨戸を開け放って、提灯などを軒にぶら下げて風情を楽しんだものと推察されます。

大階段
来訪客を通すのは、あくまでも2階でした。そのため、入り口近くには大きな階段がしつらえられています。

 

中庭
日中の明かりとりにもなる中庭をしつらえるのも特徴です。冬には、雪を捨てる場所にもなったといわれています。ここには、井戸の跡がのこっており、屋内で風情を感じるだけでなく様々な機能を持たされていたことがわかります。

聚楽壁
土に藁を練りこんだ聚楽壁(じゅらくかべ)は、調湿機能や消臭、防火の機能を持つともされ、建物を守ってくれる素材として重宝されていたものと思われます。また弁柄や朱色、群青、浅葱など多彩な色彩で部屋を彩るものでした。修復の際には上から塗り重ねることが多かったようで、しつらえでは、およそ200年の間に16回も塗り重ねられた跡が残っています。


江戸期には、大火事がしばしば起きていました。そのため、財産を守るために火事に強い蔵を持つことがありました。「金澤しつらえ」は、蔵を主屋がすっぽり覆う変わった作りになっています。珍しい様式ですが、雪国などで、蔵を守るためにこうした形をとるケースはあるようです。
 

金澤しつらえで、茶屋の風情を体感してください。

「金澤しつらえ(旧諸江屋)」は、1階は石川県ゆかりの高質工芸品を取り扱うショップ。2階は金沢の和菓子や旬のスイーツを楽しめる「茶房やなぎ庵」となっています。入場は無料です。茶屋建築の風情を感じながら、素晴らしい工芸品や地元の食文化を体感できる施設として人気を博しています。金澤しつらえについては詳細ページへ

金沢市東山1-13-24
TEL/076-251-8899
休/第3水曜
営/10:00~18:00(茶房やなぎ庵は17:00まで)