2021.10.20

金沢城下へ着物でお出かけ。~レンタル着物~で贅沢な旅時間~

金沢城下へ着物でお出かけ。~レンタル着物~で贅沢な旅時間~

着物が似合うまち。そのルーツは江戸時代

金沢の旅で特別な思い出を残したい!そんな方におすすめなのが最近すっかり定着したレンタル着物でのまち歩き。金沢市内の主要観光地周辺にはたくさんのレンタル店が点在し、そのほとんどが手ぶらで来店OK。駅から直行で、スーツケースを預かってくれる便利さもあって大人気です。

レンタル着物がブームになった理由の一つに、金沢が着物姿での散策がよく似合う情緒を備えたまちだということがあります。もともと金沢は江戸時代に加賀百万石の城下町として栄え、加賀藩のバックアップによって、「加賀友禅」に代表される着物文化が発展しました。さらに藩が、伝統文化として茶の湯を奨励した流れを汲み、今もお茶会が日常的に開かれるほど着物とはなじみが深い土地柄です。

そして、金沢屈指の観光地である兼六園や茶屋街は、なにより着物が「映える」シチュエーション。女子旅やカップルでの旅行に着物をレンタルする方は増える一方です。最近は古い町家をリノベーションしたお洒落なカフェも多く、散策の合間に着物姿で金沢ご自慢の和スイーツをゆるりと楽しむのもおすすめです

地元でも評判の着物レンタル店を3軒ご紹介

着物レンタル店には、本格的な加賀友禅から人気のアンティーク着物、気軽な浴衣まで、さまざまなタイプの着物とプランが用意されています。さらにカメラマンによる撮影も希望できます。より観光を楽しむためには、それぞれの店舗の特徴や場所、プランを事前によくチェックして選びたいものです。

【椿(つばき)】

金沢の代表的な観光スポット、ひがし茶屋街の入口にある着物レンタル店で、2018年にオープン。店内には女性用およそ150着に加え、男性用や子ども用も用意され、シンプルな柄からSNS映えする華やかな着物、アンティークな着物まで多彩に揃います。これらは着物の本場、京都の呉服店から仕入れているとのことで、きっとお気に入りの柄があるはずです。
着物に合う髪飾りやバッグ、草履、雨天用の草履も揃い、映えなコーディネートもおまかせ。着物の生地はポリエステルなので、レンタル着物で気になる雨の日や汚れの対応も多少は気にせず外出でき、保険プラ550円を+すればもっと安心です。椿の増泉店にはフォーマルウエアや訪問着も用意されており、金沢市民の利用も盛んです。

 

TEL:0120-557-352
住所:金沢市東山1-3-2
時間:9:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:なし(周辺コインパーキング利用)
URL:(kimono-tsubaki.com)

【心結(ここゆい)】

金沢のレンタル着物の草分け的存在。金沢で生まれ育ち、着物が大好きな女性オーナーが、たくさんの人に着物のすばらしさを体験してほしいと始めた店で、金沢駅から徒歩約5分というアクセスのよさも魅力です。加賀友禅から現代のキュートな着物、アンティーク、夏の浴衣など、スタッフ厳選の着物はおよそ1200着。着物は季節ごとに入れ替え、数百着から選ぶことができ、着物、帯、小物をトータルでコーディネートしてくれます。
金沢でしか出会えない着物のメインレンタルだけでなく、着物で訪れたいランチの紹介や、茶道、香道、琴の体験など、地元目線の観光アドバイスもあり、うれしい限り。撮影スタジオも併設しているので、記念撮影(別料金)もバッチリです。

 

TEL:076-221-7799
住所:金沢市本町1-3-39
時間:9:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:なし(周辺コインパーキング利用、料金補助あり)
URL:(kokoyui.com)

【あかり】

近江町市場内にあるレンタル店。金沢の老舗呉服店・丸年がプロデュースする店舗だけあって、プロならではのアドバイスで自分にぴったりの1枚を選べるうえ、着物のプロに安心しておまかせ。苦しくない、痛くない着付けにも定評があります。男性用や子ども用も豊富に取りそろえているので、ファミリーの利用にもぴったり。並ぶ着物は、本物志向、しかもインスタ映えする着物が多く、観光客に加え、パーティやイベント用に地元客のリピーターが多いのも信頼の証。フォトスタジオも併設しています。
近江町市場の中に店を構えているので、着替えたら即観光がOK。あかりでは、近江町市場内の提携店でサービスを受けられる「オリジナルクーポンMAP」をプレゼントしており、こちらも好評。金沢らしい着物とグルメの両方を楽しむことができます。

 

TEL:076-201-8119
住所:金沢市下松原町49
時間:9:00~18:00
休日:水曜
駐車場:なし(近江町市場駐車場ほか周辺コインパーキングあり、有料)
URL:(akari-kanazawa.jp)