• 2021/01/13

    《イベント情報》金澤しつらえ 九谷焼 『釉裏金箔彩の世界』展

    息を飲むほど美しい、緑釉の鮮やかさ引き立つ繊細な金箔加飾

    1月の金澤しつらえでは、
    九谷焼 山田 登陽志 先生の”釉裏金箔彩”の技巧に注目した展示会を行います。

    《”釉裏金箔彩”とは》
    厚さの異なる金箔を様々な形に切り取り、
    素地に文様を描いた後に釉薬を掛け、低温で焼成する技法で、
    陶芸における技法の中で、最も手間のかかるものの一つと言われています。

    山田 登陽志 先生の作品は”釉裏銀箔彩”技巧の中でも
    鮮やかな緑釉のグラデーションに美しい草花や細やかな幾何学模様の金彩が特徴です。

    ”金箔と釉薬”だけ。シンプルな組み合わせが創り上げる、奥深い仕上がりは一つひとつ異なります。
    繊細な技巧が織りなす美しい作品を、ぜひ店頭でご覧下さい。

    【取扱アイテム】
    抹茶碗/香炉/水指
    ボンボニエール/花器/ぐい呑み 等


    《開催日》 2021年1月23日(土)~2021年1月31日(日)最終日のみ16:00まで展示
    《開催店舗》金澤しつらえ
    《定休日》 開催期間は休業日はございません
    《入場料》 無料 お気軽にお立ち寄りください
    《お問い合わせ》金澤しつらえ 【076-251-8899 午前10:00~午後6:00】