金沢の文学

金沢の風土に生まれた文学

江戸時代、文化を奨励した金沢は「天下の書府」とも呼ばれ、文学者や芸術家など多くの文化人を育んできました。なかでも、金沢三文豪と呼ばれる「室生犀星」「泉鏡花」「徳田秋声」の活躍はめざましく、それぞれの生家跡近くには記念文学館が建っています。ほかにも、水芦光子や島田清次郎、深田久弥、三宅雪嶺など多くの作家を輩出しています。

イメージ : 金沢の文学

文学にふさわしい環境が作家を育てる

石川近代文学館

赤レンガのレトロな建物内に、石川ゆかりの文学に関する資料を一堂に集めた文学館です。金沢の三文豪をはじめ、金沢に住んだことがある作家や金沢に訪れた作家、また、現在活躍中の作家などを紹介しています。旧制第四高等学校本館だった建物を利用しており、「石川四校記念文化交流館」を併設しています。

観光マップ武家屋敷エリアへ

金沢三文豪を訪ねる旅

金沢三文豪と呼ばれる「室生犀星」「泉鏡花」「徳田秋声」。文学ファンにおすすめなのが、それぞれの文豪の記念館です。彼らの作品や生い立ち、愛用品などを観ることができます。展示の仕方や雰囲気など、作家に合わせた展示となっていますので、それぞれの個性ある作品世界を楽しむことができます。

観光マップ尾張町ひがし茶屋街へ