箔一のあゆみ

金沢箔の美が、生まれるまで。

箔一の創業は1975年。創業者浅野邦子が、それまでの業界の常識をくつがえし「箔屋」が「金沢箔工芸品」をつくることからスタートしました。脇役だった箔が「金沢箔」という地域ブランドとして主役になるまで、そして金沢の伝統工芸「金沢箔」と「箔一」のあゆみをご紹介します。

1970年代 「金沢箔工芸品」と「あぶらとり紙」。金沢の二つの伝統の始まりは、箔一から。

創業1975年。当時、創業者浅野邦子が、それまで主役ではなかった箔を「金沢箔」という地域ブランドに育て、「金沢箔工芸品」をつくった時からその歴史がはじまりました。社名は、箔屋で一番に金沢箔工芸品を作ったところから「箔一」としました。そして、今では全国的に知られているあぶらとり紙。中でも最高級品として多くの方に愛用されている「金箔打紙製法あぶらとり紙」の歴史も箔一と共にあります。金箔製造の副産物であった和紙が、京都の舞妓に愛用されていることに着目、それまでの金箔製造の副産物を「あぶらとり紙」専用の紙として製造、日本ではじめて「金箔打紙製法あぶらとり紙」をつくったのです。

1980年代 創業から10年を経て、金沢に一号店。より多くの方に愛していただけるように。

浅野は「金沢箔工芸品」を、金沢ではなく、東京を中心に全国の百貨店販売からスタートします。挫折を繰り返し、それは長い道のりでした。「金沢箔工芸品」が全国で認められるようになり、創業から10年以上経て地元でも愛していただけるよう、金沢に一号店「箔一 香林坊アトリオ店」をオープンしました。そして、同時に金箔の可能性を広げる新商品づくりもスタートします。それが食用金箔事業の始まりです。それまで一般的だった、ふわふわの「切り廻し」だけではなく、料理演出の幅を広げるため「寿」や「祝」という文字を象った「夢の王朝(現アニバーサリー金箔)」や、金箔スプレーなどを開発、金箔による食の演出シーンを広げてきました。

1990年代 金沢の魅力と、金箔の魅力を伝えるために。

金沢が日本の生産量99%を占める金箔は、金沢の歴史と共に発展してきました。金沢で育まれた、金箔づくりの卓越された職人技や、日本美術の礎を築いてきた金箔の伝統美を、より知っていただきたい。そう思い建設した金箔総合ミュージアム「箔巧館」は、金箔について楽しみながら学べる施設です。職人技が必要な金箔を簡単に使えるよう工夫した箔貼り体験や、金箔を食べるカフェを併設するなど、五感で楽しめる金箔の総合ミュージアムを目指しました。今では年間一万人以上のお客様に訪れていただき、金箔を五感で、学び、楽しんでいただいております。

2000年代 金沢箔の伝統革命。伝統美を後世に伝えるために。

金沢、東京2都市を拠点に、世界で求められる日本の伝統を模索しながら、伝統産業界を驚かせる多くの話題をつくりました。ロボットに蒔絵を施した「nuvo(ヌーボー)」、金箔をジュエリーのようにまとう「ボディーアート」、建築でも「九州新幹線」「銀座YAMAHAビル」など伝統の枠組みを超えて、革命を起こしてきました。そして、伝統美を後世に伝えていくためには、革新だけではなく、手技の美しさを守り、伝承していかなくてはなりません。箔一はNPOを通じ、最新技術を文化財保全に役立てる「デジタルアーカイブ」事業や、「加山又造千羽鶴」に代表される名画を、絵師の想いをそのまま、多くの人に伝承できるものづくりに取り組んでいます。